ゴルフ

パークゴルフ 低いライナー、高いライナー、フライ #parkgolf #パークゴルフ #ナゾPG

ティーショットで打球の球筋を決める時には、コースや天候の状態を総合的に判断して最も有利な選択をします。振り子打法で最も距離や方向の精度が出しやすい低いライナー(ゴロを含む)をベースにプレーを組み立てますが、精度を若干犠牲にしてもリスト(手首)を使用した高いライナーもラフ対策等で使います。最後に打っている「フライボール」は実戦で使用することは殆どありません。高いリスクを超える成功時のメリットがある場面でしか打ちませんが、いつでも打てるように練習しておくことは重要だと思います。いずれの打球方法でも私は「インパクト前後でのフェース面の方向を目標方向に向けたままスイングする」事を念頭に置けばミスを減らすことができます。
https://www.youtube.com/channel/UC7V-pSJbnUIFeVpA26wdMdQ?sub_confirmation=1

おすすめゴルフスクール!