ゴルフ

スイング軸③ ゴルフスイングにおける回転運動 軸をしっかりキープするっことが大切でしょ? はい、そのとおりですが、大半の人が正しい回転ができてなくて、軸ブレしている事実《第19回》

湯原は、ほとんどのアマチュアゴルファーのスイング軸は、バックスイングで右に倒れ、ダウンスイングでは左に倒れて、いわばワイパー状になっている、と指摘する。筆者にもその傾向があると注意されるのだが、正直「えっ、そんな極端に右に、左に、なんて倒れていないでしょ⁉ ちょっと大袈裟すぎません?」と内心思っていた。
ところが今回教わった、バックスイングでの悪い動作と正しい回転運動。確かに筆者は、悪い動作そのもの、左肩を体の前側で右へ移動させるようにしてクラブを上げていた……。となれば、自分では知らぬうちに軸は右へ倒れ、その反動でダウンスイングでは左に倒れること必至。完全にワイパー状になっていることを思い知らされた。今回の講義、筆者と同じような思いをする人はきっとかなり多いはずだ。

ゴルフ界随一の理論派プロ 
 代名詞は切れ味鋭いアイアンショット
  東京国際大ゴルフ部監督
湯原信光
ゆはら・のぶみつ/1957年8月14日生まれ、東京都出身。レギュラーツアー通算7勝、シニアツアー通算1勝。東京国際大学所属
 7歳からゴルフを始め、74、75年と日本ジュニアゴルフ選手権制覇。日本大学櫻丘高校から日本大学経済学部に進学し、ゴルフ部へ入部。79年日本アマチュアゴルフ選手権を含む、27回の優勝を達成し、卒業後80年プロ転向。学生時代から定評のあった美しいスイングに磨きをかけ、日本を代表するショットメーカーとして君臨、一世を風靡した。
特筆すべきはパーオン率の高さ。記録の残る88年以降2005年までの21シーズン中、19シーズンでベスト10入り。98、00、01年は1位に輝く。
 2013年7月、東京国際大学特命教授、および同大学ゴルフ部監督に就任。現役ツアープロがフルタイムで学生を指導する先駆者となった。
 ツアープロ、大学教授、ゴルフ部監督と“三足の草鞋”を履きながら22年4月、日本大学大学院 総合社会情報研究科 博士前期課程 人間科学専攻に入学。さらなるゴルフ理論を追究しつつ、入学5年後の博士号取得に向けて現在奮闘中。

《目次》
00:00 正しい回転運動
04:20 左肩はアゴの……
06:41 軸を極力倒さない
07:26 肩甲骨を動かす
08:25 加齢にも強くなる

撮影協力・サザンヤードCC(茨城県)

▼当チャンネルURLはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCOIortj9oSFFX9Hszm8MT3w

#ゴルフの知識を深める~スイングの核心~

おすすめゴルフスクール!