ゴルフ

「ゴルフ人生が変わる2ホール」 渋野日向子の“諦めない”気持ちが生んだ“神ってる”予選通過

「ゴルフ人生が変わる2ホール」 渋野日向子の“諦めない”気持ちが生んだ“神ってる”予選通過
————————————————————————————————–
<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 2日目◇25日◇アトランタ・アスレチックC(米ジョージア州)◇6740ヤード・パー72>
池ポチャからのパーあり、ボギーからの怒涛の展開あり。バックナインはまるでドラマのようだった。海外女子メジャー「全米女子オープン」2日目、渋野日向子 日向子は上がり2ホールでバーディ、イーグルを奪いトータル2オーバーの71位タイで、ギリギリ予選通過を果たした。

初日を終えて4オーバーの93位タイ。カットラインを見ながらの戦いとなることは必然だった。だが、出だしの1番でバンカーから寄せられずボギーが先行。その後もパッティングこそ安定しているものの、たった一度の2.5メートルのチャンスも決められず。予選通過のために絶対に必要なバーディを奪えないまま折り返した。

後半も10番で約3メートルのパーパットを入れてしのぐなど、我慢の展開が続くと12番。バーディを獲りたいパー5で、ファーストカットからの3打目がまさかの池ポチャ。ほぼボギー以上は確定で決勝が大きく遠のく一打となってしまう場面。だが、渋野日向子 は冷静だった。「悔しかったですが、イライラしている暇もない」。
Video: https://youtu.be/0Jh6yQ9pg2k

おすすめゴルフスクール!